盛岡IT・MONOづくり

活動紹介

2021年1月14日

株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市)が、盛岡市内に事業所(盛岡ランドマーク)を開設

株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市)が、盛岡市内に事業所(盛岡ランドマーク)を開設することが決定し、令和2年11月26日、岩手県公会堂大ホールで立地協定書の調印が行われました。
株式会社LIGHTzは、職人などのスペシャリスト思考をAIにより「汎知化」(はんちか)し、職人の技術継承を図るとともに、実務適用支援を行っている企業です。ものづくり企業の生産現場にAIを活用した業務改善を導入し、業績を大幅に回復させた実績があり、2017年に「ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞」を受賞するなど、その先進的な事業展開が高く評価されています。
新たに開設する盛岡ランドマークにおいては、岩手大学との共同研究により、南部鉄瓶の鋳造技術を学術的に分析しながら可視化し、その成果を、後継者育成をはじめ、鋳造を手掛ける事業者の支援に生かすとのことです。
令和3年度には、中央公園内に事業所を設置する予定であり、本市の地場・伝統工芸における後継者育成や雇用創出に貢献いただけるものと期待しています。

集合写真

左から、保 岩手県副知事、乙部 株式会社LIGHTz代表取締役社長、谷藤 盛岡市長、遠藤 盛岡市議会議長